生き苦しい時は、きっとそれだけに美しい。

どんな闇にも必ず光が差すことを祈るように、
自分なりの出口を探しながら歩いている。

写真と共に。そして世界と繋がるために。